MENU

薄毛対策のポイント

 

薄毛対策のポイントは毛母細胞を活性化することです。
髪の毛の根っこにある毛根周りにある毛母細胞が活性化することで髪の毛は成長します。

 

ここでは薄毛の原因、対策について紹介します。

 

薄毛の原因

 

・血行不良
血流が悪くなると髪の毛の成長に必要な栄養や酸素が不足します。血行不良は加齢による代謝の低下をはじめ、活性酸素の増加、脂肪分や糖分の取りすぎ、運動不足など、様々な要因が考えられます。

 

 

・男性ホルモン
男性の薄毛に大きく関与するのが男性ホルモンです。5αリダクターゼと呼ばれる酵素と男性ホルモンが結合することでDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。男性ホルモン自体が薄毛を引き起こすのではなく、変化したDHTが薄毛を引き起こすします。DHTが毛母細胞の働きを弱め、薄毛が進行します。

 

 

・過度のダイエット
髪の毛にはタンパク質やビタミンなどの摂取が欠かせません。過度のダイエットによって断食をしたり、同じ食事だけしか摂らないなどのダイエットは毛髪の成長に影響します。糖質制限によるダイエットなどは薄毛に影響を与えませんが、栄養が不足しないようにすることが大切です。

 

 

・頭皮の乱れ
頭皮の皮脂が増加することで毛穴が詰まると、炎症によるフケやかゆみが出やすくなります。その結果、髪の毛の成長力が低下してしまいます。皮脂が増えると真菌が繁殖するため、真菌を抑える事が重要になります。

 

 

薄毛対策について

 

・育毛剤
薄毛対策で最も使用されているのが育毛剤です。育毛剤には血流改善作用のある有効成分、炎症を抑える有効成分をはじめ、毛根の活性化と頭皮環境の改善をサポートする作用などがあります。育毛剤には色々と種類がありますが、サプリメントと併用することでより効果的に薄毛対策にアプローチできます。育毛剤で人気なのはチャップアップ、イクオス、ブブカなどがあります。

 

 

・シャンプー
シャンプー自体には毛母細胞を活性化する作用はありません。シャンプーは毛穴の汚れや匂いなどを取り除き、頭皮環境を改善する作用があります。皮脂の増加によって発生する毛穴の詰まりなどを改善し、抜け毛の発生を予防する作用があります。シャンプーには高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系の3種類があり、薄毛対策にはアミノ酸系が使用されています。

 

 

・食事
薄毛対策では食事でしっかり栄養を摂ることも欠かせません。お肉や魚、大豆などに含まれるタンパク質は髪の毛の元になります。その他、代謝を促進するビタミン、タンパク質を作る働きをする亜鉛などの栄養分はしっかり摂る事が大切です。

 

 

・サプリ
薄毛対策ではサプリメントの摂取もおすすめです。食事からは不足しがちな亜鉛をはじめ、5αリダクターゼを阻害する作用のあるノコギリヤシ、アミノ酸を豊富に含んだミレットエキス、ホルモンバランスに働きかけるイソフラボンなど、育毛をサポートする栄養分を手軽に補給することが可能です。育毛剤と併用することをおすすめします。

薄毛対策におすすめの育毛剤について

 

薄毛にもいいと評判の育毛剤は、やはりポリピュアです。ポリピュアは、今生産が追い付かない状態になっている程に人気です。ポリピュアの考え方は、頭皮に刺激を与えるだけではなく、頭皮は畑で、髪を作る毛乳頭は種と考えています。

 

その毛乳頭を目覚めさせ髪を作る発毛指令に働きかける成分を配合しています。長い研究の末に開発された全く新しい発毛促進アプローチのポリピュアは、長鎖分割ポリリン酸です。
発毛促進にスイッチを入れることができ、その結果は国際特許で認められる程です。ポリピュアは、体内にある成分を利用している為に、お肌が弱くて育毛剤を諦めていた方にもお使い頂ける育毛剤です。

 

 

 

また、リアップは、薬局や薬店で薬剤師のカンウンセリングを受けた後に条件を満たしていればば購入することができます。また返金保証はありません。育毛剤を店頭で買うのは恥ずかしいと思う方には、購入しにくいと言えます。

 

リアップは、壮年性脱毛症における発毛や育毛、脱毛予防に効果が高く、脱毛範囲も頭頂部や生え際が中心となります。他の部分には適さないと言えます。ミノキシジル1%濃度試験では全体の5.3%のモニターに、5%濃度では全体の8.7%に皮膚炎や湿疹、かぶれなどの副作用の発症が見られたことからも、お肌の弱い方は使用前にパッチテストを行うと良いでしょう。

 

薄毛にもいいと評判の育毛剤は、やはりポリピュアと言えます。幅広い年代層、幅広い範囲の頭皮、そしてその育毛効果、副作用無しは魅力ですね。売り切れの場合は、少し先の納期で注文する事が可能です。

 

抜け毛が増えたと感じたら

 

抜け毛が多いと感じた時にできることは、育毛マッサージやスカルプシャンプーの利用などです。
育毛マッサージには、頭皮の血行促進をサポートする成分が含まれているので、何も付けないでマッサージする様な効果があります。

 

また、スカルプタイプのシャンプーやリンスは、一般のシャンプーより油分を取り過ぎないので、指先の通りがシャンプー時にもスムーズで毛が絡んで抜けることが少ないです。
そして、シャンプー&リンス後も地肌がしっとりしています。

 

ただ、しっとりしているので、今までさっぱり感のあるシャンプーを使っていた方には、スッキリしない感じが残り気になるかもしれません。
しかし使い続けることで抜けがは減ります。また、シャンプー後に髪をドライヤーなどで軽く乾かして寝ることも抜け毛予防には良いと言われています。時間が取れる方は是非お試しください。

 

そのほかには食事です。特に女性は、加齢により女性ホルモンが低下することで抜け毛が増えます。
女性ホルモンの変わりになる大豆製品を多く摂取すると良いでしょう。豆乳、豆腐、厚揚げ、
てんぺ、納豆などです。

 

そのほかには、ビタミンEを多く含む食材として胡麻・かつお・さんま・サバ・さつまいも・アーモンドなども効果的です。
ビタミンEは血管を拡張し、また血液の流れを良くする働きがあり、脂肪の酸化を防ぎます。加齢とともに酸化する身体を活性化します。髪の毛と食べ物は大きな関係があります。きちんとした食生活を送りましょう。

 

ミノキシジルと育毛について

ミノキシジルを止める際に覚悟しておいた方がいいことは、リバウンドではありません。
ミノキシジルは血管を拡張する効果が高い為、使用を辞めた後、急に毛が薄くなった感じがするということです。
血管を拡張する作用により毛乳頭に栄養や酸素が届きます。その結果、成長因子が生成されて育毛を促進します。

 

ミノキシジルの効果を持続させる為には、6カ月以上継続して使うことが大切です。
途中でやめてしまうと、ミノキシジルの効果で生えてきた毛髪は少しずつ抜けて使う前の薄毛に戻ります。

 

効果が高いだけに、辞めると急にリバウンドがきたかの様に思えるのですね。
ミノキシジルの効果を得る為には、1日2回、1回1mlを守り使うことが大切です。
沢山付ければ良いというものではなく、決まった量使うことが大切です。他の育毛剤や外用薬と一緒に使うと副作用が出る可能性もあるので、単独で使うことをお勧めします。

 

ミノキシジルを使い始めて1カ月位経つと、休止期に移行する髪が増えるので、抜け毛が普段より目立つことがあります。
これは、一時的なもので心配ないケースがほとんどです。そこで辞めてしまわずに、もう少し長く使ってみましょう。

 

 

抜け毛が減った、新しい髪の毛・やうぶ毛がちょっとずつ生えてきた、髪にコシが出てきた、強く太くなってきた、これらは育毛の兆しです。
この様な変化を感じない場合は、効果がないと言う事です。半年以上使って効果を見てみましょう。その間に髪の休止期があることも把握しておくと安心です。
ミノキシジルを辞めたら元の状態へ戻る、または、使い始めの髪の休止期がある事を理解していれば、安心して利用することができます。

 

ミノキシジルは副作用に注意が必要です。最も多いのが頭皮の炎症やかゆみです。刺激が強いため、頭皮に炎症が残る場合は使用を中止します。
その他、稀にですがめまいや低血圧などの副作用もあるようです。心臓や血圧の病気にかかっている人は医師に相談する事をおすすめします。

 

 

フィナステリドで育毛対策

 

フィナステリドの特徴、効果

 

男性の薄毛の治療薬で有名なのがフィナステリドです。
男性の薄毛の原因は男性ホルモン(テストステロン)と5αリダクターゼから生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)です。
このDHTが毛乳頭細胞内のレセプターと結合し、脱毛を引き起こします。

 

フィナステリドには男性ホルモンに働きかける5αリダクターゼを阻害する作用があり、DHTの生成を防止します。
その結果、脱毛をもたらす脱毛因子の生成を減らし、抜け毛の発生を防止します。

 

フィナステリド元々は前立腺肥大症を治療する薬でしたが、抜け毛改善の効果が多く見られたため、
飲む育毛剤として研究、開発されてきました。

 

ただ、フィナステリドは医薬品です。市販の育毛剤のようにインターネットや薬局などで購入する事はできません。
皮膚科や頭髪治療専門病院などで処方してもらいます。

 

フィナステリドは1年の服用で約6割の人が薄毛の改善を実感しています。

 

 

フィナステリドの副作用

 

フィナステリドには副作用があります。
その多くは性欲減退、勃起不全です。服用者全体の5%未満の人に副作用の症状が現れています。
男性ホルモン自体を減らす効果はありませんが、はっきりとした原因は発表されていません。

 

フィナステリド服用の注意点として、未成年の方の服用はできません。
また、女性の服用もできません。特に妊婦の方は注意が必要です。乳児に服用が出ることもあります。

 

その他、前立腺が少し小さくなることがあります。そのため、前立腺腫瘍マーカーの値が減少する事があります。
前立腺がんの治療や検査を受ける場合はフィナステリドを服用している事を伝えるようにしてください。

 

 

副作用が心配な場合はサプリメント

 

フィナステリドのような医薬品の場合、副作用の発生を無くすことはできません。
特に、若い内に男性機能の副作用が出ることが心配な方にはノコギリヤシなどのサプリメントがおすすめです。

 

ノコギリヤシには前立腺肥大症の予防や5αリダクターゼを阻害する作用があります。
フィナステリドのような強い効果はありませんが、抜け毛予防にも有効です。また、男性機能への副作用の心配はありません。

 

最近では、チャップアップやBUBKA、イクオスなどの売れ筋育毛剤にはノコギリヤシ配合のサプリメントがセットになっています。
副作用のリスクを抑えつつ、育毛対策を考えたい人には、育毛剤とサプリメントの併用もおすすめです。

 

育毛剤「チャップアップ」で薄毛対策

チャップアップ

 

薄毛対策の育毛剤で人気なのがチャップアップです。チャップアップは育毛剤とサプリメントがセットになっています。育毛剤で外側から薄毛対策にアプローチし、サプリメントで育毛に必要な栄養をしっかりと補給します。ここではチャップアップの特徴、効果などについて紹介します。(参考:育毛剤チャップアップ

 

血流改善作用のある生薬を配合

薄毛対策には血流改善は欠かせません。アミノ酸などの栄養と酸素を毛乳頭細胞にしっかり届けることで毛髪は成長します。チャップアップ育毛剤には有効成分「センブリエキス」をはじめ、ニンジンエキス、ニンニクエキスなどの血流改善成分が含まれています。

 

頭皮環境を改善

チャップアップ育毛剤には炎症を抑える有効成分「グリチルリチン酸2k」、「ジフェンヒドラミンHCI」を配合。その他にも、保湿作用のある植物エキスや糖化を抑える梅果実エキス、殺菌作用のあるドクダミエキスなど、植物エキスをたっぷり配合しています。

 

抜け毛予防成分も配合

男性の薄毛対策にはDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える事が重要です。チャップアップの育毛剤にはヒオウギエキス、オウゴンエキス、ダイズエキスなどを配合。DHTの生成を抑え、抜け毛予防をサポートします。

 

 

●チャップアップのサプリのポイント

 

ノコギリヤシと亜鉛配合

育毛に欠かせない栄養分にノコギリヤシと亜鉛があります。ノコギリヤシには抜け毛の原因となるDHTの生成を抑える作用があります。亜鉛にはタンパク質の合成作用や細胞活性化作用があり、毛髪の生成に書かせません。

 

マカ、αリポ酸で代謝促進

マカにはアルギニンをはじめ、食物繊維、アントシアニンなどの栄養素が豊富です。アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進し、血流の改善をサポートします。育毛に欠かせない代謝促進をしっかりサポート。αリポ酸には抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酸素を阻害します。

 

 

女性の薄毛の原因と対策について

女性薄毛

 

女性の薄毛の多くは頭頂部あたりから均等に薄くなるびまん性脱毛症と呼ばれます。男性の薄毛の多くはDHT(ジヒドロテストステロン)が原因ですが、女性の薄毛の原因は様々です。ここでは女性の薄毛の原因、対策について紹介します。

 

薄毛の原因

 

・ホルモンバランス
女性の薄毛の原因に女性ホルモンがあります。産後や更年期の抜け毛の多くは女性ホルモンが原因です。女性ホルモンのエストロゲンには代謝の活性化作用や保湿作用があります。女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、抜け毛が増加します。

 

 

・血行不良
血行不良も女性の薄毛の原因となります。ストレスや喫煙、加齢などの影響で血行不良になると、髪の毛の成長に必要な栄養や酸素が不足します。その結果、髪の毛の成長力は低下します。血流を改善して毛乳頭に栄養をしっかり送る事が薄毛対策には欠かせません。

 

 

・過度のダイエット
過剰なダイエットも薄毛の原因となります。髪の毛の成長にはタンパク質をはじめ、ビタミンやミネラルなども欠かせまえん。断食などで食事を抜いたり、同じ食べ物だけを続けるようなダイエットは髪の毛の成長にはマイナスになります。

 

 

女性の薄毛対策

 

 

女性用育毛剤の使用

 

マイナチュレ

 

●マイナチュレ
マイナチュレには30種類の植物エキス、10種類のアミノ酸を配合した育毛剤です。血流改善作用のあるセンブリエキスなどの生薬を豊富に配合し、毛根の活性化をしっかりサポート。頭皮環境を改善するグリチルリチン酸2k、ボタンエキスなどの植物エキスも配合し、フケや頭皮の乾燥を改善します。

 

その他にも毛根を活性化する作用があるミツイシコンブエキス、毛髪の成長に欠かせないアミノ酸も配合し、毛髪の成長をサポートします。また、マイナチュレは香料、パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤などは無添加のため、低刺激にもこだわっています。

 

 

食事、サプリメント

女性のの薄毛対策では栄養をしっかり摂る事も非常に重要です。特に、女性ホルモン作用のあるイソフラボンを含んだ大豆食品はしっかり摂ることが大切です。その他、毛髪の原料となるタンパク質も欠かせません。お肉や乳製品、魚、大豆などをしっかり摂る事をおすすめします。

 

 

シャンプー

シャンプーには育毛効果はありません。ただ、地肌の汚れを適度に落とし、頭皮の乾燥やフケ、かゆみを抑制する作用があります。洗浄力の強い硫酸ナトリウムやスルホン酸ナトリウムなどを配合したシャンプーは頭皮の乾燥やフケを増やす事があります。シャンプーは皮脂を取りすぎないアミノ酸シャンプーの使用をおすすめします。

 

 

 

 

 

チャップアップシャンプーの効果

 

育毛シャンプーで人気なのがチャップアップシャンプーです。ここではチャップアップの特徴や効果について紹介します。

 

アミノ酸洗浄成分のみを配合

シャンプー選びのポイントは界面活性剤です。界面活性剤は「硫酸系」「スルホ酸系」「石鹸系」「アミノ酸系」があります。
硫酸系界面活性剤は低価格ですが、非常に刺激のつよい洗浄成分です。脱脂力が強いため、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌を招きやすくなります。育毛を考える場合、地肌に優しいアミノ酸系界面活性剤がおすすめです。

 

チャップアップには5種類のアミノ酸洗浄成分を配合。ベタイン、アスパラギン酸、グルタミン酸などのアミノ酸で優しく洗い上げます。また、頭皮の同じ弱酸性のため、髪の毛や頭皮へのダメージも心配ありません。

 

 

ノンシリコンでも髪しっとり

シリコンとはオイルの一種です。オイルは液体なので、地肌の毛穴をつまらせる事はありません。シリコンは毛髪の表面に油の膜を作り、髪の毛をコーティングします。その結果、指通りのよい髪の毛になります。シリコンのデメリットは髪の毛をコーティングすることで、トリートメントやカラー、パーマなどの浸透を妨げることにあります。カラー、パーマをする場合、強い薬剤を使用する必要があり、その影響で地肌にダメージを与えてしまいます。チャップアップはノンシリコンながら、植物エキスとアミノ酸で優しく洗浄し、指通りのよい髪の毛に仕上げます。

 

 

10種類の植物エキスを配合

チャップアップシャンプーには植物エキスを豊富に配合しています。保湿作用や抗炎症作用があり、頭皮の乾燥やフケなどを抑制します。シャンプー後の髪の毛と地肌はしっとりしています。頭皮環境を改善することで、毛穴の詰まりなどによる抜け毛を予防します。

 

 

シャンプーの方法

 

チャップアップシャンプーは非常に泡立ちのいいシャンプーです。シャンプーをする際は、最初にお湯で髪の毛と地肌をしっかりと濡らします。その際は40℃以下のお湯にします。温度が高すぎると皮脂を溶かしてしまい、頭皮環境が乱れる原因となります。

 

しっかりと泡立てて指の腹で優しく洗います。指に力を入れたり、爪を立てたりすると頭皮にダメージを与えてしまいます。脂性の場合は1回すすいでから、2回めのシャンプーを行う事をおすすめします。洗髪後はしっかりとすすぎをおこないます。すすぎ残しはフケ、かゆみの原因となるため、しっかり洗い流しましょう。

更新履歴