MENU

育毛剤 医薬品と医薬部外品の違い

薄毛対策で悩んだ時、育毛剤の様々な広告が目につきます。育毛剤を選ぶときに大きく分けて、医薬品と医薬部外品の二種類があります。ここでは違い、効果などについて紹介します。

 

 

 

医薬品と医薬部外品

薄毛対策で使われる医薬品にはミノキシジル、プロペシアがあります。医師や薬剤師によって管理されている治療薬です。医薬品は治験などの実験を行い、効果が認められています。また、配合成分や使用料、使用方法なども決められています。医薬品には副作用についても厚労省や都道府県知事によって認められています。医薬部外品は医薬品程の強い効果はありません。ネットや市販の育毛剤の多くは医薬部外品です。薄毛対策をサポートする作用があり、副作用の心配は殆どありません。

 

 

医薬品と医薬部外品の効果

医薬品は臨床実験などを行い、効果が認められた成分を使用しています。薄毛対策について効果がある分、副作用が出る可能性もあります。心配な場合は医師や薬剤師に相談することをおすすめします。医薬部外品の場合、血流改善作用や頭皮ケア作用のある有効成分が含まれています。効果は緩やかなため、薄毛改善には時間がかかります。

 

 

・育毛剤を選ぶ点での注意点
医薬品は医師か薬剤師からの処方になります。特にプロペシアはホルモンに関係する治療薬なので、皮膚科やAGAクリニックの医師から購入できます。男性の薄毛の多くは男性型脱毛症で、プロペシアは男性型脱毛症に非常に有効です。ただ、副作用もあるため、これから子供を作るという男性は使用に注意が必要です。ミノキシジル配合のリアップは薬剤師から購入できます。AGAクリニックではミノキシジル配合の内服薬も購入が可能です。ただ、副作用もあるため、医師による血液検査などが欠かせません。

 

副作用が心配な方には医薬部外品の育毛剤がおすすめです。ネットやドラッグストアで気軽に購入が可能です。育毛剤にも種類があるので、成分などはしっかりチェックする事をおすすめします。育毛剤に加えて、ノコギリヤシなどを配合したサプリメントを併用すると、より効果的に薄毛対策ができます。